女性に贈って喜ばれる差し入れセンスを磨き中

お洒落なお煎餅・笠原製菓のセンベイブラザーズ

煎餅・おかき

こんにちは!

女性に贈る差し入れセンスを磨き中、セラピストSHIHOです。

 

煎餅は子供のころからよく食べているけれど、手土産などにあまり使ったことがない気がします。

せんべいを・おいしく・かっこよくをテーマに作られた「SENBEI BROTHERS]
創業1960年、東京・江戸川区船堀にある笠原製菓さんの商品、お兄さんが経営やデザインを、弟さんが煎餅作りを担当している、商品名通りご兄弟で作らられているお煎餅なのです。


倒産寸前からの復活! センベイブラザーズのキセキ ~赤字を1年で黒字化 金、時間、経験なし 町工場の奮闘記~

以前テレビで拝見して気になっていました。
赤字続きだった煎餅屋さん、今までの売り方を見直しパッケージや売り方を大きく変えたところ、わずか1年で黒字点検させた、今までのお煎餅のイメージを覆すオシャレなパッケージ、お洒落な店舗での販売で海外の方からも人気のようです。

 

種類も豊富ですが、今回は2種類を購入
あおさ塩とバター醤油 各378円

 

 

あおさ塩

実は青のりと勘違いをして購入してしまったので、封を開けた時に青のり特有である磯の香りがしなくて首をかしげてしまったのです。

よくよく考えると「あおさ」のお菓子って珍しいですよね、

粉末のあおさ塩が振りかかっています、見た感じ抹茶粉のようです。
煎餅は薄いタイプですが、表面パリッと中フワッと感じる軽やかな触感、お塩もほんのり薄塩という感じでやわらかめなので煎餅の味わいをしっかりと感じることができます。

 

バター醤油

こちらは「あおさ塩」とは違い濃いめのお味でした、「あおさ塩」の後に頂いたのでちょっとびっくり、お醤油の辛さの後にバターの風味が追いかけてきます。
最初は味が濃くて少し苦手かなぁと思いましたが、お酒と一緒に頂いたらその味の濃さがちょうどよかった感じ、

見事なテリテリ、こちらもパリッとフワッと軽やかな触感です。

 

センベイブラザーズはお茶やコーヒーだけでなくお酒にも合うように作っているようです。

 

購入するには

[東京]
新宿駅・NEWoMan内「ココルミネ」
東京駅内「日本百貨店とうきょう」
日本橋「日本橋百貨店にほんばし總本店」
池袋「東武百貨店おやつテーブル」
代官山・テノハ代官山内「&STYLE STORE]
秋葉原「日本百貨店しょくひんかん」
町田「となりに。日本百貨店」
両国「東京商店」
葛西・アリオ葛西店内「Bleu Bleuet]

 

[神奈川]
横浜「日本百貨店 あかれんが」
横浜「日本百貨店てらす」

 

[千葉県]
市川「日本百貨店しょくひんかん」

 

お近くに取り扱い店舗がない場合はオンラインショップで購入できますが、予約販売で売り切れの商品もあるようなので、気になる商品をまとめて購入しておく方がよさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました