女性に贈って喜ばれる差し入れセンスを磨き中

横浜では入手困難、東京三大どら焼き・亀十

和菓子

こんにちは!

女性に贈る差し入れセンスを磨き中、セラピストSHIHOです。

 

日本各地に昔からあり、歴史を感じる美味しいどら焼き

今回ご紹介するのは、約90年ほど続く台東区浅草の中でもかなりの老舗の和菓子屋さん「亀十」さんのどら焼きです。
東京三大どら焼きの一つで、秘書の方御用達のどら焼きとしても有名です。

1個 360円

どら焼きが一つで360円って一見お高めに感じるかもしれませんが

かなり大きくてフカフカでまだらな焼き目が特徴の皮は、独特の焼き加減で甘い生地の香りはふわ~っと漂ってきます、この皮の香りがたまらなく食欲をそそられるのです。

この生地はパンケーキのようなシフォンケーキのようなフカフカで柔らかいのに弾力があり、何か特別な素材を使っているのかと思ったら、小麦粉と砂糖、水というシンプルな素材のみで作られおり、これが一つ一つ手作りする職人さんの焼き技なのか!長く続く美味しさの伝統を感じます。

 

皮の中に詰められる餡子は2種類あります、北海道は十勝産の厳選された小豆をつかった粒餡と、手亡豆(てぼうまめ)という白インゲン豆をつかった白餡の2種類があります。

餡子は黒餡派なのですが、亀十さんは白餡も美味しいと、同じ黒餡派の方のおススメもあり食べてみたところ、
とても滑らかで黒餡に比べると甘さ控えめではありますが、

どちらもフカフカの皮との融合が素晴らしく、大きいながらもペロっと頂いてしまいます。食べ比べを楽しむのもおススメですよ。

 

 

購入するには

通販での取り扱いがないため、直接店舗に行かないと買えないのですが、デパートや百貨店でも取り扱っているところはあります。
しかし、曜日限定などが多いうえ、行列ができ、売り切れも早いので、これまた入手困難なのです。

 

横浜ではSOGO横浜店さんでたまに催事出店があるのと、地下食品売り場正面入り口から入ってすぐの場所にある「諸国銘菓 卯花墻」さん、(曜日限定で日本各地のお取り寄せ商品を販売しているところです。)

こちらでも亀十さんのどら焼きがたまに入荷しますが、ほんとに朝開店と同時に売り切れることが多く、開店から1時間後の11時に行ってすでに本日分完売ということもあります。

 

SOGO横浜店さんの催事売り場情報はこちらで確認できます
SOGO横浜店食品催事のご案内

 

なかなか購入できないということもあり、購入できた際はお世話になった方やお友達への手土産や差し入れに、サロンでのお茶菓子としてお出しすることもあります。
横浜ではなかなか購入できなので大変喜んでいただけますね

 

行列ができるお店の逸品、催事売り場で期間限定でしか販売されない逸品の差し入れは
◆並んでくれたんだ!
◆わざわざ行ってくれたんだ!
という気持ちがプラスされるので、タイミングがあえば最高の差し入れとなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました