┣どらやき・人形焼き

和菓子

黄金パッケージが目をひくブランデーが染み込んだ大人のどら焼き、風季舎「ブラどら」

広島・風季舎さんは、種類豊富な米粉のお菓子や、エゴマ・はぶ草茶をはじめ、ゆず・ピオーネ・ワインなど三次産の食材にこだわったお菓子を作っています。 黄金パッケージが目を引く・ブランデーどら焼き 1個 194円 金色に輝く...
和菓子

砂糖不使用・熟成焼き芋を使ったどら焼き・熟成やきいも専門店SAZANKA

熟成やきいも専門店SAZANKAさんの「熟成やきいもどら焼き」は、SAZANKA熟成やきいもと、自社オリジナルの天然芋蜜のみを使用た砂糖不使用の餡を優しい甘さの生地で挟んだ、やきいも本来の美味しさを引き出したどら焼きです。
和菓子

広尾で人気の和菓子屋・菓匠 正庵 「あんずのどら焼き」

多くのメディアで紹介されている広尾の有名な和菓子屋『菓匠 正庵(しょうあん)』さん、おいしい和菓子が沢山ありますが、人気商品の一つ 「あんずのどら焼き」248円 しっかり焼き目のついた香ばしい香りのする皮...
和菓子

夏は冷やしがおすすめのどら焼き!大角玉屋「梅どら」

大角玉屋さんの「梅どら」はお手製の白餡と梅の甘露煮をフカフカの皮で挟んだどら焼き、冷やして食べるとより一層爽やかさが増すので夏の手土産にもおすすめです。
和菓子

可愛いサイズでアレンジ自由な、花かんざし「どらやきの皮だけ」

関西を中心に各地の百貨店などに催事出店している大阪発「花かんざし」さんは、 たぬきのキャラクターで人気の「どらやきの皮だけ」やいろんな餡子をたっぷり入れた「どらボール」などを販売しています。小さなサイズでモッチモチ食感の「どら焼きの皮だけ」はアイスや餡子、フルーツなどオリジナルアレンジも楽しめて人気です。
和菓子

毎月20日が待ち遠しい・笹屋伊織の「どら焼き」

京菓匠 笹屋伊織さんの代表銘菓 どら焼は毎月3日間しか販売しない希少価値の高い「どら焼き」はお坊さんの副食となるお菓子として誕生、卵を使わない生地を銅羅の上で焼き、こし餡をクルクル巻きながら包む、ムッニムニの生地と滑らかで上品なこし餡、香る笹の香り。絶品すぎて悶絶します。
和菓子

焼き栗専門店・比沙家のフカフカ「栗のぷりんどら」

無添加無着色のオーガニックな焼き栗スタンドを全国に展開する、京都の焼き栗専門店「比沙家」さんの「栗のプリンドラ」は、栗プリンと生クリームをフカフカの生地で挟んだボリュームのあるどら焼きです。甘くてフカフカなどら焼きをお楽しみください。
和菓子

横浜野毛の名物、大きなどら焼き・もみぢ「大銅鑼焼」

横浜の野毛に昭和21年(1941年)創業、老舗和菓子店『もみぢ菓子司舗』さんの「大銅鑼焼」はホッコリとする甘さの皮と、ぎっしりと詰まった豆の風味をしっかり感じる甘さ控えめな餡とのバランスが素晴らしく、ボリューム満点ながらもペロリと食べてしまえる美味しさです。
和菓子

しっとりフカフカ優しい甘さの黒糖どら焼き・横浜元町香炉庵

横浜元町に本店を構える「香炉庵」さんの黒糖どら焼きは、沖縄県産の黒糖を練り込んだ生地で挟んだ甘さ控えめしっとり瑞々しい粒餡、一口食べると口の中で優しい甘さが広がりホッコリしてきます。手土産や横浜土産におすすめのどら焼きです。
和菓子

横浜でも買える!麻布十番「浪花屋総本店」のたい焼き

1909年創業の元祖・たい焼き専門店、麻布十番・浪花屋総本店のたい焼きは、東京三大たい焼きの一つとしても名高く、一匹だけの型で焼く「天然物のたい焼き」です。しっぽまでしっかり餡子が入ったたい焼き、麻布十番は完全予約制の人気のお店です、そんな人気の「たい焼き」を横浜でも購入することができるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました