┣大福、まんじゅう

和菓子

浅草亀十のモッチリ餅皮「豆大福」

浅草「亀十」さんの看板商品は「どら焼き」ですが、他の和菓子も美味しく、今回ご紹介するのは小ぶりながらももっちり餅皮で食べ応えのある「豆大福」です。
和菓子

素通りできない可愛さ!「古都芋本舗」さんの苺大福団子

京都嵐山にある和風スイーツ専門店「古都芋本舗(こといもほんぽ)」さんの人気商品大玉のお団子には素通りできない可愛いお団子があります。「苺大福団子」の他にも4つの餡子を楽しめるお団子など、素通りできない可愛いくて美味しいお団子があります。催事出店で見かけたらぜひ購入してみて欲しい。
和菓子

横浜でも購入できる・東京三大豆大福の「松島屋」

東京三大豆大福の一つとして名高い「松島屋」の豆大福。薄い餅皮の中には甘さ控えめの粒餡がギュッとつまっていて小ぶりながらもズッシリとした重さ。強めの塩気の赤えんどう豆が甘さに深みをだし、硬めの食感がアクセントとなり全体のバランスをまとめています。店舗では午前中で売り切れますが、デパートの銘菓コーナーで購入できるところもあります。
和菓子

春限定の和スイーツ・[京はやしや]の華やかに美味しい「わらびと苺」

伝統と革新、抹茶スイーツのパイオニア的存在「京はやしや」さんが春限定で販売している「わらびと苺」苺大福なんだけど餅側がわらび餅でできており、触感瑞々しさともに新しい和スイーツ。期間限定販売なので和菓子好きな方はぜひお試しください。
和菓子

とろける食感、甘さと苦み、記憶に残る美味しさ・しろ平老舗「果実彩菓 きんかん大福」

滋賀にお店を構える和菓子屋、「しろ平老舗(しろへいろうほ)」さんの人気の商品「きんかん大福」は、求肥の中に上品な白餡と金柑の甘露煮が包まれた小ぶりの大福。甘さと苦みが絶妙でとろける食感も癖になります。高島屋横浜店「銘菓百選」に少量ですが毎日入荷しているので手土産にもおススメです。
和菓子

魅惑の萌え断フルーツ大福・『覚王山フルーツ大福 弁才天』

覚王山フルーツ大福 弁才天さんの「フルーツ大福」は餅皮も白餡も薄づき、断面みても白餡あるのかな?と思ってしまうぐらいですが、このバランスがフルーツ本来の味が引き立つのだとか、この丸ごとフルーツ大福は専用でついている糸で切ると美しい断面がお目見えすることでも話題です。
和菓子

焼き目が魅力的・仙太郎の期間限定「あぶり餅」

京都の老舗和菓子屋「仙太郎」さんの12月限定のお餅菓子、「あぶり餅」モチモチ食感に包まれた粒餡の甘さのバランスもよく、お餅の表面についた焼き目の美しさが食欲をそそります。販売期間1か月と短いですが冬のご挨拶に、ご自身の一息のお供にお薦めの和菓子です。
和菓子

硬めの餡と胡桃の調和・虎ノ門岡埜栄泉「東万頭」

豆大福が有名な虎ノ門岡埜栄泉さんの日持ちがする和菓子の一つ、東万頭(あずままんじゅう)、薄皮に包まれた硬めの粒餡、テッペンにのった胡桃の風味と噛み応えが絶妙なバランスで、とても上品なお饅頭はご進物におすすめです。
和菓子

銀座松屋限定・清月堂本店「豆大福」

100年以上の歴史を持つ老舗和菓子店「清月堂本店」さんの「豆大福」は銀座松屋限定品。その豆大福がそごう横浜店さんに期間限定で販売されていたので購入。弾力のある餅皮、しっとり滑らかなこし餡、塩気のある赤えんどう豆、3つのバランスが良く、美味しくて食べ応えのある豆大福です。
和菓子

他にはない「栗饅頭」・虎ノ門岡埜栄泉

豆大福で人気の虎ノ門岡埜栄泉さんは、「栗饅頭」も人気です。ズッシリと大きい「栗饅頭」の断面は薄皮と白餡との間に空間がなく、ホックリとした丸ごとの栗は端から端まで堪能できる。職人技を感じる芸術的美味しさ、横浜でも購入できるのでご褒美スイーツに、大切な方への贈り物におすすめです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました