幸せを感じるパリパリ食感・自由が丘パイ菓子専門店「oriori」

洋菓子
スポンサーリンク

 

自由が丘の学園通り沿い、モンサンクレールの斜め前あたりに店舗を構える、手造りパイ菓子の専門店orioriさん

店内には手作りのパイが6種類並んでいます。

orioriさんのパイ生地は「一番生地」のみを使用しているそうです。

一番生地とは、折って伸ばしてを繰り返して一番最初に出来上がった生地のことで
一番生地を型で抜いたり、カットした後にでる端っこなどの残り生地をまとめて、もう一度折って伸ばして生地にしたのが二番生地

クッキーと違って二番生地で作ったパイは食感が全く違ってくるのだとか、

どこまでも美味しく、パリパリ食感にこだわっているところが嬉しいですね♪

 

こだわりの食感

 

おススメの召上り方として「割らずにかぶりついてください!」とご説明しております。
それはなぜか? オリオリパイの表面は砂糖をキャラメリゼにしてあります。
手で割ってしまうと表面のキャラメリゼだけが分離してしまうことがあります。そうすると食感と味のバランスが崩れてしまうからです。

 

崩れてしまうのではないかと心配になる繊細なパイ菓子もありますが、orioriさんのパイ菓子はしっかりとした硬めの生地、気持ちが良いほどパリパリとした触感、これが一番生地の素晴らしさなのでしょう。

添加物を使わず、こだわりのあるシンプルな素材だけで作られた焼き菓子

 

シンプルだからこそ際立つ素材の美味しさ、心地よい食感、一つ一つ丁寧に作られているのを感じる美味しさに感動します。

 

6種類のパイ菓子


[
プレーン 194円]

香ばしい香りが広がり食べる前から美味しさが伝わりワクワクします。バターの風味強め、キャラメリゼの甘さとサクサク触感が絶妙なハーモニーを奏でる。美味しい紅茶を用意してゆっくり大切に頂きたい、そんなパイ菓子。

 

[ソルト 205円]

ローズソルトと一緒に焼き上げているパイ、春夏限定商品のようです。
甘さを抑えるかのようにソルト強め、サッパリとした後味といい、なろほど!気温の高くなる季節にとても合う焼き菓子だと思います。販売期間中はぜひ購入して食べてみて欲しいですね。

 

[シナモン 205円]


シナモンがタップリとかかっているのにくどさはない、シナモンが効いたスッキリとした甘さは紅茶一緒にゆっくりとその美味しさを味わいたい。
お茶の時間が待ち遠しくなる、そんなパイ。

 

[アールグレイ  205円]


紅茶の茶葉を一緒に焼き上げているパイ。
見た時はブラックペッパーかと思いましたが茶葉でした。噛むたびに香り豊かなアールグレイが広がり美味しいだけじゃなく、食べているだけで寛げるアロマ効果まで兼ね備えている。
なんて素敵なパイなんでしょう。
個人的に贈り物には必ず「アールグレイ」をセレクトしたいと思いました♪

 

[アーモンド 216円]


生アーモンドスライスを一緒に焼き上げているので、アーモンドの香ばしさが甘さをやや抑えているような絶妙な美味しさ。香ばしさは6種類の中で一番ありますね、パイ生地のパリパリにスライスアーモンドの軽やかなパリパリも加わり食感共に楽しめます。

 

[アップルパイ 216円]


パイの中にアップルが包まれているのはなく、コロンとした甘酸っぱいドライアップルがドット柄のように乗っています。多すぎず少なすぎずの絶妙なバランスで甘ざっぱさと爽やかさを楽しめるパイ菓子です。

 

嬉しい個包装

個包装されているので1枚から購入することができるのも嬉しいポイント。

 

私は自宅用に購入したので袋でしたが

 

ギフト用に詰めてもらう事もできます。
常温で2週間と日持ちも長いので配送の注文も多いようでした。

 

ご自身の癒しのお茶タイムのお供に、大切な方への贈り物におススメのパイ菓子です。

 

購入するには

自由が丘パイ菓子専門店oriori
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-3-16 自由が丘グリーンヒル103
Tel: 03-5726-8146
営業時間: AM11:00 〜 PM7:00
定休日: 日曜日・月曜日

自由が丘の学園通り沿い、モンサンクレールの斜め前あたりにエネラルドグリーンの綺麗な建物の1階がorioriさんです。

オンラインショップでも購入可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました