女性に贈って喜ばれる差し入れセンスを磨き中

究極の白醤油・足助三河しろたまり

上質な調味料


こんにちは!

女性に贈る差し入れセンスを磨き中、セラピストSHIHOです。

 

地域によって様々な食文化があり、その食文化に合わせた調味料が存在しますね、「醤油」においては関東地方では濃い味を、関西地方では薄い味を、九州は甘みのある味を好むとされています。

SHIHOさんも九州出身で関東に来たときは醤油になれず、実家から送ってもらっていました。

 

九州では白いものには薄口醤油を使います。
醤油の色をつけたくないものですね、里芋や竹の子、お吸い物などなど、素材の色を活かすのです。

なので濃口醤油と同じくらい薄口醤油を使います。

 

そんな色の薄い薄口醤油になじみのあるSHIHOさんもびっくりした白醤油があります

「白醤油」と「薄口醤油」は味も色も同じ薄めですが大きな違いは主原料、通常の醤油は小麦粉と大豆を等分量で混ぜて作りますが、白醤油の分量は小麦粉が 8~9割にもなり小麦粉の比率が多いのです。

 

今回ご紹介するのは、愛知県豊田市で各種たれやつゆ等の調味料を製造販売している、日東醸造さんが手がける「究極の白醤油」 足助仕込み三河しろたまりです。


日東醸造 足助仕込三河しろたまり 1800ml

 

白醤油は愛知発祥のようです。究極の白醤油を作ってみたいという先代会長の思いから、平成5年、国産小麦で作った小麦麹を通常の2倍量使用して、食塩と活水器を通した水を加えて仕込む「三河しろたまり」を発売したそうです。

◆愛知県産小麦と、伊豆大島の伝統海塩「海の精」が原料。
◆愛知県豊田市大多賀町の「足助仕込蔵」の木の樽で天然醸造。
◆全ての素材が非遺伝子組み換えです。
◆化学調味料・保存料は一切使わず、製造過程で火にかけることのない、生のお醤油

 

白醤油としろたまりの違いは何かというと、それは「大豆」を使っていないところ、
大豆を使用せず小麦麹を2倍使用(日東醸造さん比)以外の製造方法は白醤油と全く同じなのですが、
大豆を使用していないので法律上、名称を「醤油」とは表記できず、小麦醸造調味料と表記されています。

 

味にこだわる人にファンが急増している「究極の白醤油」

開封したときにフワッと香る感じが「みりん」かと思わせます、お味は個人的な感想ですが、

みりんを合わせた出汁醤油のような、まろやかさとうまみを感じ、このまま冷ややっこにかけても美味しいですし、煮物や出汁巻き卵など、お醤油より塩味を抑えられて旨味が増すような気がします。

 

味にこだわる人にファンが急増している「究極の白醤油」
と言われているだけありますね

 

気になる「しろたまり」の容量は


日東醸造 足助仕込三河しろたまり 1800ml


日東醸造 足助仕込三河しろたまり 300ml

 

この他に150mlもあります。

SHIHOさんは浮腫みやすく塩分が苦手、家での料理はお醤油やお塩はあまり使わないということと、

美味しいお醤油を探していた時期がありまして、その時どのお醤油屋さんも
「空気に触れる時間を短くした方が鮮度を保てるから、醤油は小瓶で買う方がいい」とおっしゃったので、それ以来 お醤油はミニサイズで冷蔵庫で保存しています。

 

お試しのプレゼントには150mlでも十分楽しめると思います。
お料理上手さんへのプレゼントには300mlが良いかもしれませんね♪

150mlは日東醸造さんのオンラインショッピングで購入できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました