女性に贈って喜ばれる差し入れセンスを磨き中

今川焼?回転焼き?餡子たっぷり薄皮・行列のできる御座候

和菓子


こんにちは!

女性に贈る差し入れセンスを磨き中、セラピストSHIHOです。

 

たい焼きと並んで人気の、餡子の入ったあの丸いほわほわの和菓子♪

皆さんはこの丸いホワホワの和菓子を何と呼びますか??

 

地域によって呼び名が違うのですよね~この丸い子

 

関東では今川焼・大判焼き

西日本・九州では回転焼きと呼びます。

SHIHO
SHIHO

SHIHOは九州出身なので回転焼き、関東に来てからは今川焼きと呼ぶことが多いけど、全国的には大判焼きと呼ぶようだね

 

しかし、、、

 

兵庫・姫路では 御座候(ござそうろう)と呼ぶのだそうです。

 

 

今回ご紹介するのは、創業1950年(昭和25年)ひとつひとつ目の前で手焼きするエンターテイメントな実演販売  株式会社 御座候(ござそうろう)さんの回転焼きです。

そうなんです!!

御座候とは会社名なのですよ~

 

”私が焼いた回転焼で御座います”という氣構えと、”お買い上げ賜り、ありがたく御座候”という感謝の気持ちをこめて、「御座候」の看板を掲げました。 (御座候さんHPより)

西日本なので御座候さんも回転焼きです。

 

御座候の回転焼き

 

店には大行列ができるようになりました。そのとき行列に並んでいた、お客様がこのように注文したそうです。
「 御座候ください!! 」から
姫路では回転焼きを御座候(ござそうろうと呼ぶようになったそうです。

 

御座候さんは、
安くて美味しいものはできないとしても、”美味しくて、廉い”ものは出来ると考え、姫路での開業当時から最高の北海道小豆と良質の砂糖を使い、当時の市価の倍額で回転焼きを売り出しました。(HPより)

 

御座候さんの回転焼きはモッチリした薄皮の生地に餡子がたっぷりと入っているのが特徴ですが、

その餡子が甘すぎず、それでいて水分多めのしっとりした柔らかさでトロけてくる感じです。

この上品な甘さは良質な砂糖を使っているからかもしれませんね♪

 

御座候さんは出来立てでアツアツの美味しさをいつまでも大切にしたい。

という手焼きのこだわりから実演販売をしています。

並んで待っている間は職人さんが手際よく焼いている回転焼きを見ていられるので、待ってる間も楽しめますね♪

さぁ、それでは恒例の(?)

 

SHIHOかじり~♪

まだ ほんのり温かい、もっちりした薄皮の生地からムニーーっとあふれ出てきそうな粒餡

 

モッチリしてるので、スッと噛み切れず、歯形がイマイチ綺麗にできていませんね、それもまた良い感じ♪

 

お茶に限らず、紅茶、コーヒーにもよくあいますよ~

 

1個95円、2個190円 せっかく並んだし、
2個買う方がお得だし、、、

差し入れ用の他に、いつも自分用に2個買っちゃいます♪

 

回転焼きの他にも、粒餡や肉まん、季節限定のよもぎ餅や、あずきアイスなどもあります。

 

横浜では横浜高島屋店、横浜そごう店、京急上大岡店で実演販売していますが、
御座候さんのオンラインショップで粒餡は購入できるようです。

 

回転焼き・今川焼きは日持ちしない為、その日のうちに食べれる差し入れに限られてしまいますが、和菓子好きの方には大変喜ばれる一品となるので、お近くに御座候さんがあればおすすめです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました